浮気調査専門弁護士

浮気は一人で悩まずに専門の弁護士へ相談ください。

最近のコメント

    アーカイブ

    不貞行為で取れる慰謝料

    ここでは、不貞行為で取れる慰謝料の詳細説明。

    【用語説明】

    専門用語の説明は各頁毎してますが、まずこの頁では用語意味をまとめて説明。
    配偶者:婚姻届を出した法律上の夫婦の相方の事
    法律上では配偶者でパートナーの意。
    内縁:事実婚関係の事。不倫では、法的夫婦とは殆ど違いは無し。
    但し、内縁関係の立証が必要で、慰謝料額が減る訳でもなし。
    不貞行為:浮気や不倫の事。
    不貞行為と法的に認定される時の特徴は、一般人の認識より狭い事。
    慰謝料:加害者から精神的侵害の支払われるお金の事。
    不倫なら、配偶者と浮気相手の両者へ請求が可能
    不法行為:損害を違法や不法行為で与える事。不貞行為もこれ。
    損害回復の為に、損害賠償請求が可能。
    慰謝料が精神的損害の穴埋めの手段という事は、説明済。
    ダブル不倫:既婚者同士の不定行為の時。
    普通の浮気より、困難な処理。

    【慰謝料を取るには】

    慰謝料獲得の為には四条件が必要。

    1. 性的関係あり
    2. 不法行為成立
    3. 不倫当時の夫婦関係の破綻は無し
    4. 時効消滅は無し


    Google






    ※その他はgoogleでチェック!!
    各々の条件は、カテゴリー「慰謝料を取るための4つの条件」で詳細説明。

    【額の相場決定要素】

    取れるお金は、浮気裁判の相場が具体的には以下の要素が考慮。

    • 配偶者や不倫相手の年齢や収入
    • 不倫で離婚しかた否か
    • 結婚期間
    • 浮気回数や程度

    各個人で具体的額が相当変動の為、弁護士への相談が確実。
    詳細説明は、「浮気の値段-パターン慰謝料-」または、浮気調査費用 プランニーで。

    慰謝料の時効消滅に注意

    浮気調査なら浮気専門の探偵にまずは無料相談!証拠はガッチリ!
    浮気調査なら浮気専門の探偵にまずは無料相談!証拠はガッチリ!

    不貞行為の慰謝料請求の際にも期間限定や事項の制定が。
    離婚や慰謝料請求を悩みすぎると時効となるので要注意!

    【消滅時効】

    消滅時効とは、一定期間に権利を使用せずに権利が消滅となる制度。
    消滅時効から権利が消える事を事項消滅。
    両方とも同じ意味合いで区別しなくて可。
    権利保持なのに、なぜ消滅?
    事実が長期継続すると、事実のが権利より意味が大きくなる筈。
    50年後に不倫の慰謝料請求されても困ります。
    又、権利保持しても使わなければ、法的保護を与えないという考えも。

    【不法行為の際の期間制限】

    民法724条は、不法行為の際の権利消滅の規定で内容は二つ。

    1.損害及び加害者を被害者が知ってから3年
    つまり、浮気事実や浮気相手を不倫された方が知って3年経ったら、慰謝料請求は不可に。
    夫(妻)へ請求の時は、夫が加害者故、相手の特定は関係なし。
    「及び」故に、双方を知らないと起算が開始がせず。
    その際でも探偵に不倫調査の依頼をするのを忘れないことが重要です。
    浮気の確信があっても、探偵に不倫調査の依頼をする場合でも相手が特定不可ならカウントが開始せず。
    相手の名前や居所等が分からなければ、請求不可な状況にある故。
    但し、夫への追及で「知り得た」状況に…との認定の危険ある為要注意。

    2.不法行為時から20年
    こちらの知る知らないに関係なく、20年経ったら請求不可なルール。
    25年前に実は○○と浮気を…と言われても、夫や○○へ慰謝料請求は不可。
    不法行為時とあるのは、肉体関係最後の時。
    慰謝料請求に期間制限があることを忘れずに!

    更新情報

    2014-04-10
    不貞行為で取れる慰謝料の情報を更新しました。
    2014-02-17
    サイト運営者情報を新規投稿しました。
    2014-02-17
    コンタクトページを新規投稿しました。
    2013-04-10
    法的には不倫にならずで要注意を新規投稿しました。
    2013-04-10
    故意や過失を新規投稿しました。
    ページ上に戻る